上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
100_1120_convert_20080823121218.jpg

見にくい?ライトアップ!


100_1185.jpg

画面を上の方からみるとよく見えます(撮影ミス)


たまたまあった製作中写真

100_1111.jpg



 材料
・アクリル板 3cm

作戦
ルーターでひたすら削りますw




ここから完成版

まず420円で購入したイルミネーションライトを割り箸に張っていきますセロテープ最強です。ちなみに撮影器具は携帯です。いちいちコード繋いでPCにインストールしなくていいです
100_0001.jpg
なんか爆弾をセットしてる感じにおもえt(
セロテープをかなり盛って固定したらはさむぜ!

100_0002.jpg

これもテープでがっちがちにセロテープ最強ですね

100_0003.jpg

次に背もたれ+足を製作
背もたれは小学校の時の最後の製作で作った色紙入れの一部です。見事に思い出捨てました
背もたれはセロテープじゃ押さえるのは無理な重量なので接着剤の登場です。接着剤さいきょーですね
足は無論セロテープで固定
やっぱりセロテープ最強ですね


一気に画像が飛んで照明テストです

100_0004.jpg
見栄えをよくするために前は白いものでガードさらにライトが5個余ったのでその下のスキマにセットしました


さぁ、あとは前のアクリル板をセットするだけ!


部屋を暗くして感動してみてくださいね


おまけ

12.jpg

コップも光らせてみた

13.jpg

14.jpg


スポンサーサイト
2008.01.28 Mon l 完成品 l COM(0) TB(0) l top ▲
100_1112_convert_20080821160139.jpg

100_1113_convert_20080821160248.jpg

今でも使ってますが2枚ほど消息をたってますwどこいったんだかw


 材料
・画像
・薄いプラスチック


作戦
画像を印刷してひたすら接着しますw

非常に簡単です一枚5分とあれば余裕でできますw


2008.01.28 Mon l 完成品 l COM(0) TB(0) l top ▲
元の時計

100_1222.jpg

まず、材料はこちら

・100きん(セリア)で売ってた壁掛け時計 百円
・背景に欲しい画像               プライスレス
・痛いものを作る情熱              プライスレス
・糊や両面テープ                その場の値段
・鋏とかカッター                 その場の値段
などなど


まずは時計の表面部、額縁(?)だけ解体します

100_1226.jpg
額縁の大体はねじでとめてあるので取れると思います
次にハリを力ずくでとって文字盤も取ります
するとこの状態に

ちなみにこのときに裏の電池の上とか解体するとなきます



次に画像をいろいろしますw

いろいろといっても画像の上に文字盤を描いてサイズを変えて印刷するだけですw

100_1223.jpg
スキャナがないのであわせるの大変でした;;3枚も印刷しちゃったよ


次に切り取ります

100_1224.jpg
ここはアバウトでもいいです


次に元あった文字盤に貼り付けてはみ出してるところなどを切ります

100_1225.jpg

真ん中も空けないとハリが通りません(^0^)


そして文字盤を元のところに貼り付けます

100_1227.jpg
ハリとかもつけます


ってあっぶないまだ糊とかで貼ってなくてよかったです


100_1228.jpg
よく見たら12時と3時の間に点が一つっておかしいですよねw
しかたないので数字を書いて点をごまかします

ってあああ11時のところ描くところまちがえた!!

もうこれぐらいなら気にしません・・・


作業を続行しますw


文字盤を貼り付けます(私は両面テープではりました)
あときずいたら上下逆さに貼ってましたwwそれはどうにかなると思うので気にしません

ハリをもどします

そして額縁ももどします。ちゃんとネジしめてね!!



かんせーい!


100_1229.jpg


元のしなから色変えようかとも思いましたがこれがあってるのでこれでいいです^^


とりあえず、今回の反省点

・何故電池の上の大切なところ解体したし
・何故文字盤の文字間違えるし
・何故文字盤逆さにはるし

2008.01.28 Mon l 完成品 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。